FC2ブログ

ガッツ満タン!!

おもしろいこと、へんなこと、くだらないこと、大事なこと、いろんな思いついたことをご紹介して行きたいと思いまっす。

 

剛性を豪勢にするといろいろあるのよ(加筆修正アリ)


Category: じてんしゃ   Tags: ---
金属でも樹脂でも材料の肉厚を厚くすれば剛性があがります。

一般的には。

でもゴムはちょっと違う気がします。

タイヤのゴム。
肉がごつくてヤマが高いほどウニョウニョヨレて剛性は落ちます。
(コンパウンドが同じだとしてね)

なのでゴムはちょっと違う気がします。

でもタイヤは太くしてごつくすると強くなります。
これは太くすると空気がたくさん入るのでそこで衝撃を吸収していただけます。
ごつくするのも肉厚なゴムが衝撃を吸収してくれます。
なので剛性は落ちても強いのです。

これは僕の勝手な思い込みなので鵜呑みにすると痛い目にあえますよ。

で、これも僕の勝手な思い込みですが自転車がとても強い衝撃を受けた場合の話。
タイヤが弱い場合はタイヤが壊れてくれます。
タイヤが強くてホイルが弱い場合はタイヤが耐えてもホイルが壊れます。
(タイヤが弱くても壊れるけど)
タイヤもホイルも強い場合はその衝撃はフレームにきてしまいます。

「ドーン!」

とね。

なので強いタイヤにすると強いホイルが必要で
強いタイヤとホイルにすると強いフレームが必要になります。
どこかひとつが強すぎたり弱すぎたりするとよろしくありませんので
バランスをとるためにどんどん強くなります。
でもそうなると自転車はどんどん重たくなります。

そんな感じで10年ちょっと前のBMXは作られてました。(思い込み)
もっともっと強く強くです。
でも重たい自転車が衝撃を受けると自重で余計に衝撃アップです。
動かすのもしんどいです。乗る人の負担も増。
なので近年のBMXはどんどん軽くなってきてます。
10年ちょっと前に比べると5キロくらい軽くなってます。
材質や製法などの進歩でびっくりするくらい。

軽いので投げたときの自転車にかかる衝撃も減。
乗る人の負担も減。
動かしやすいのでゲームの世界のようなわけわからん技が飛び出まくり。
いかに軽くて壊れないものが作れるか、そのために研究者たちは日々努力をし
汗水血垂らしながらライドしているのです。



・・・ちょっと待って下さいよ。
今日は僕はこんなことを語りたかったわけじゃないんですよ。
結局何が言いたかったかというと

「FIXEDのタイヤ太くしたり26インチにしてみたいけどフレームとかがなんか心配」

ということです。

「じゃあ、うだうだ能書き垂れてないでそれだけ書けよ」

と思うでしょう。

僕も。

そんな感じでイジるお金もないのにいらない心配をしちゃう僕でした。

そんなことより漕いだらなんかカキコキいうけどなんだろ?
BBがゆるんだかな?今度締めてみよかな。
誰か教えて。



てゆかそういえばちょっと前に書いたBMXのハブの修理
直りましたよ。ときどきカキンてなるけどほとんど大丈夫。
ラチェットの音も元気になったし。
オデハブで気になる方はやってみるといいですよ。


えっと・・・バイバイ。







関連記事
スポンサーサイト




Comments

Leave a Comment



02 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

01

03


 
プロフィール

くろもり

  • Author:くろもり
  • 自転車とかスケートがスキです。
    なのでほぼ自転車とスケートです。
    なにかにつけて自転車とスケートです。
    ですが腰が使い物にならなくなってまともに乗れなくなってしまったので最近はボール遊びが生きる喜びになっております。

    あとTシャツトリニティさんというところでTシャツとか作ってます。
    ボクのお店の名前は「QLQLGLGL」といいます。
    「クルクルグルグル」って読みます。
    なので何気に店長さんです。

    よろしっくお願いしまっす!
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
ブロとも申請フォーム
 
アクセスカウンター
 
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
 
ブログ内検索
 
 
 

Archive   RSS   Login