FC2ブログ

ガッツ満タン!!

おもしろいこと、へんなこと、くだらないこと、大事なこと、いろんな思いついたことをご紹介して行きたいと思いまっす。

 

ほとんど週刊キマグレ小説「ゆめ」第五回


Category: 小説   Tags: ---
母のちょっとびっくりな姿に戸惑いながらイケルは

「な、なんでそんなになるまで鍛えはってるんですか?」

そんな息子の素朴な疑問にチヨコは

「なに?聞きたいのかい?しょうがないね、教えてやろう。
あたしにゃ『夢』があるんだよ」

イケルはちょっと気になって聞き返した。

「ゆめ?どんなん?」

チヨコは答えた。

「地球を守るのさ」

イケルはまたちょっとびっくりした。

「地球を守らはるんですか?お母さんが?」

「そうだよ、そのために鍛えてるんだよ。地球を守ろう思ったら
ハネぐらいあった方がええやろ?見た目的にも。な。」

チヨコはさらっと答えた。

「うあうぇ!?」

このときイケルはまた一つ異変に気づいた。
チヨコのおしりのところもなぜかボッコリになっているのである。

「か、かあさん、そのおしりのボッコリはなんでしょう?」

「これかい?これはしっぽだろ?ほれ」

チヨコはおしりをめくって白い大きなしっぽを出して見せた。

イケルはまたさらに驚いた。もちろんしっぽにも驚いたが
母が半ケツを出したことにも驚いた。

「な、な、なんでしっぽが?どこをどう鍛えたら生えてくるんですか!?」

チヨコはちょっとめんどくさそうに答えた。

「知らん」

イケルは母のモンスターなところを見てしまいショックを受けていた。
ハネが生えてさらに意味不明のしっぽつき。
それはさぞショックでしょう。

「母さんのそんな姿見たくなかったなぁ・・」

イケルはつぶやいた。

「母さんも別に見せたくはなかったよ。てゆか小さい頃あんた一回みてるんだよ」

「えっ!?」

イケルは驚いた。

「いつだったかねぇ?3才くらいだったと思うけどそんときはおお泣きしちゃってね、まだちいちゃかったからびっくりしたんだろうね。」

「いや、大きくてもびっくりしますから!」

イケルはつっこんだ。と同時にブワッと記憶がよみがえった。
何度も見たあの謎の「夢」である。


「ハネ・・しっぽ・・母さんだったんだ」




                             つづく。  でしょ?







関連記事
スポンサーサイト




Comments

Leave a Comment



11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

10

12


 
プロフィール

くろもり

  • Author:くろもり
  • 自転車とかスケートがスキです。
    なのでほぼ自転車とスケートです。
    なにかにつけて自転車とスケートです。
    ですが腰が使い物にならなくなってまともに乗れなくなってしまったので最近はボール遊びが生きる喜びになっております。

    あとTシャツトリニティさんというところでTシャツとか作ってます。
    ボクのお店の名前は「QLQLGLGL」といいます。
    「クルクルグルグル」って読みます。
    なので何気に店長さんです。

    よろしっくお願いしまっす!
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
ブロとも申請フォーム
 
アクセスカウンター
 
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
 
ブログ内検索
 
 
 

Archive   RSS   Login